国、地方自治体、事業者の責務『交通バリアフリー』『ハートフルビルバリアフリー』化の『移動の自由』を助ける、
介助機器(シューレーター、ホスター)は株式会社ディ・イ・エフの特許機器です。

電車等の車椅子乗降補助装置は株式会社ディ・イ・エフのシューレーター
TOPページ 会社案内 企業コンプライアンス 企業理念 ユニバーサルデザインとは シューレーター機器説明 シューレーター機器説明 ホスター機器説明 ホスター機器説明 自発光装置(NightFlash) 自発光装置(NightFlash)製品カタログ 自発光装置(NightFlash)設置・導入例 自発光装置(NightFlash)展示会の模様 自発光装置(NightFlash)様々な耐久試験 自発光装置(NightFlash)メディアによる紹介 携帯電話用補助バッテリー商品 携帯電話用補助バッテリー商品 携帯電話用補助バッテリー商品 人工ゼオライト 同関連商品 事業計画 お問合せ 私募債及び社債募集 リンク集

NEW! 新着情報のサイトを開設しました
★ 新着情報のページへ移動 ★
全ての人達が、何時でも、何処へでも『社会参加』が行える『ユニバーサルバリアフリー』社会構築を、心から願う企業『株式会社 ディ・イ・エフ』は安全で、且つより便利で、心の通った快適空間のバリアフリーを表現することを宣言いたします。
高齢、少子化社会が、今まさに『そこまで』迫っています。『我が愛する日本』が、未来永劫『
心豊かな明るい自由社会』に構築するため、官民一体と成って、一人でも多くの人達が、崇高な『互助精神』を常に養う事です。
しかし電車への乗り降りは依然として健者の好意もしくは駅員の補助が必要です。
『お願いします』『ありがとうございました』が言わなくても良い社会設備及び交通インフラの確立が必要と考えます。
誰の世話にもならず、迷惑も掛けず、自分で行きたい時に行きたいところへ行ける、そんな自立した生活が出来る環境を創ることが本来のバリアフリーだと考えます。
2009年11月訂正
交通バリアフリー、ハートビルバリアフリーに関する「シューレーター」
「ホスター」の説明資料はコチラ
電車等の車椅子乗降補助装置は株式会社ディ・イ・エフのシューレーター
電車等の車椅子乗降補助装置は株式会社ディ・イ・エフのシューレーター

 

交通バリアフリー、ハートビルバリアフリー化の推進政策
国土交通省ホームページ バリヤフリー関連事業 より引用

 1.交通バリアフリー、ハートビルバリアフリーに係る取組み

法律:

高齢者、身体障害者等の移動の円滑化の促進に関する法律
※2006年(平成18年)施行
※2007年(平成19年)国連『障害者の権利条約』批准
国連及びOECD加盟国、先進諸国と開発途上国
目的: 高齢者、身体障害者等が利用する交通機関、公共施設、民間施設等での移動の円滑化を促進するための各種施策を国、自治体、諸団体、事業者の責務分担で総合的に講じる。

   移動円滑化法律の仕組み:

(1) 基本方針
移動円滑化の意義及び目標(一日あたりの平均的な利用者数が約5000人以上の駅のうち、高低差が5m 以上の駅について、2010年までにエレベータ又はエスカレーター及び隙間段差解消施設を設置すること等)
(2) 公共交通事業者等が講ずべき措置
 
鉄道駅等の新設・大規模改良及び新規車両等導入時における移動円滑化基準への適合義務
既設鉄道駅等及び既存車両等の移動円滑化基準への適合の努力義務
移動円滑化のために必要な旅客施設の駅プラットホーム『隙間、段差』解消及び車両等の構造及び装置に関する基準(平成12年運輸省・建設省令第10号)
(3) 重点整備地区におけるバリアフリー化の重点的・一体的な推進
 
市町村が作成する基本構想に基づく、鉄道駅等、周辺道路、駅前広場、信号機等の移動円滑化の重点的かつ一体的な推進
公共交通特定事業等、旅客施設、道路、交通安全毎の特定事業計画
公共交通特定事業に対する国、地方自治体等による各種支援措置

 2.その他の取組み(技術関係)

  (1) 誘導・警告ブロック改善検討会(H12年度〜H13年度:技術企画課、(財)エコモ、(財)鉄道総研)
(2) ホーム高さと車両乗降口床面との段差縮小に関する調査研究(H12年度〜H13年度:技術企画課、(社)車技協)
(3) 「公共交通機関旅客施設の移動円滑化整備ガイドライン」の制定(H13年8月:交通消費者行政課、(財)エコモ)
(4) 旅客施設における音による移動支援方策に関する研究会(H13年度〜:交通消費者行政課、(財)エコモ)
Copyright (c) 2005-2011 株式会社ディ・イ・エフ, All rights reserved.