国、地方自治体、事業者の責務『交通バリアフリー』『ハートフルビルバリアフリー』化の『移動の自由』を助ける、
介助機器(シューレーター、ホスター)は株式会社ディ・イ・エフの特許機器です。

電車等の車椅子乗降補助装置は株式会社ディ・イ・エフのシューレーター
TOPページ 会社案内 企業コンプライアンス 企業理念 ユニバーサルデザインとは シューレーター機器説明 シューレーター機器説明 ホスター機器説明 ホスター機器説明 自発光装置(NightFlash) 自発光装置(NightFlash)製品カタログ 自発光装置(NightFlash)設置・導入例 自発光装置(NightFlash)展示会の模様 自発光装置(NightFlash)様々な耐久試験 自発光装置(NightFlash)メディアによる紹介 携帯電話用補助バッテリー商品 携帯電話用補助バッテリー商品 携帯電話用補助バッテリー商品 人工ゼオライト 同関連商品 事業計画 お問合せ 私募債及び社債募集 リンク集

△:事業計画

1:「知的所有権関連」  
    特許取得済機器名 *「シューレーター」(隙間段差解消機器)
  *「ホスター」(エスカレーター用車椅子昇降介助機器)
    (世界初、日本大阪発)
2:特許出願関連 *簡易携帯電話機器
  *キャパシタ蓄電機器
  *新旅行用具関連

△:「当社新規事業予定」(平成22年度以降)

「PCB、ダイオキシン処理事業」 (平成18年度事業計画立案完了)(他社共同事業)平成23年事業開始予定
「インターネット通信新ビジネスモデル」 (平成18年度事業計画立案完了)(ビジネス特許申請)平成22年事業開始予定
「携帯キャパシタ電池活用事業」 (平成22年度事業計画立案予定)(新規機器特許及び新ビジネス特許申請)

△:「シューレーター及びホスター開発普及事業」

  2007年(平成19年)国連「障害者の権利条約」批准、平成18年国内法「高齢者、
  身体障害者等の移動の円滑化の促進に関する法律」で法制化され、
  『移動の円滑化』が国、地方自治体、事業者の三位一体の『責務』で推進され、
  「より安全」「より快適」な「バリアフリー」を「何時でも」「何処でも」「誰にでも」享受
  されるよう当社の「シューレーター及びホスター」が「日本国内」「海外」(先進国および
  OECD加盟国)で『車椅子移動』お手伝いをさせていただきます。

△:「福祉機器開発事業」(当社独自特許取得)

1:機器名:シューレーター
    目的:隙間、段差解消機器
    用途:駅プラットホーム列車乗降口
    屋外通路及び施設、公共施設、大型店舗、医療機関、
    老健施設、集会場、一般家庭、隙間段差の有る場所

2:機器名:ホスター
    目的:新設及び既存エスカレーター昇降装置を供用して、
    車椅子常用者の昇降移動補助機器
    用途:公共施設、大型店舗、医療機関、
    老健施設、集会場、エスカレーター設備の有る場所



Copyright (c) 2005-2011 株式会社ディ・イ・エフ, All rights reserved.