国、地方自治体、事業者の責務『交通バリアフリー』『ハートフルビルバリアフリー』化の『移動の自由』を助ける、
介助機器(シューレーター、ホスター)は株式会社ディ・イ・エフの特許機器です。

電車等の車椅子乗降補助装置は株式会社ディ・イ・エフのシューレーター
TOPページ 会社案内 企業コンプライアンス 企業理念 ユニバーサルデザインとは シューレーター機器説明 シューレーター機器説明 ホスター機器説明 ホスター機器説明 自発光装置(NightFlash) 自発光装置(NightFlash)製品カタログ 自発光装置(NightFlash)設置・導入例 自発光装置(NightFlash)展示会の模様 自発光装置(NightFlash)様々な耐久試験 自発光装置(NightFlash)メディアによる紹介 携帯電話用補助バッテリー商品 携帯電話用補助バッテリー商品 携帯電話用補助バッテリー商品 人工ゼオライト 同関連商品 事業計画 お問合せ 私募債及び社債募集 リンク集

電車等の車椅子乗降補助装置は株式会社ディ・イ・エフのシューレーター
車椅子乗降段差解消機器(特許登録済・IPB社評価査定B)

<< 内容 >>
平成18年バリヤーフリー施策開始;
特許登録完了済(2005.11.25特許庁)IPB社特許評価ランクB+(出現率15%)に認定される。
(大阪府新規事業テイクオフ21申請:第79回事業審査委員会、平成18年1月27日:大産振第150号認定)生産着手計画開始。国内生産拠点内定。

「車椅子利用者」の「交通バリアフリー」に於ける鉄道駅のホームと列車への乗降に伴う隙間段差解消、「ハートビルバリアフリー」建造物の屋内外の隙間段差解消する機器。
ライセンス生産、加工及び販売してくださる代理店を探しています。

この機器開発の必要性について、高齢者、身障者の移動円滑化バリアフリー法(平成12年法律68号)に基づき、公共交通事業者、公共建物管理者、一般民間施設所有者(商業施設、病院、ホテル、劇場、集合住宅etc),に設置義務が課せられている。又一般家庭etcへの需要がある。

設置に際しては、「補助金制度」があり、事業者、一般家庭住宅にも設置が容易であります。
この機器は、主として「車椅子利用者」が、日常生活に支障を来たす事が予想される全ての段差ヶ所に設置されるもので、交通機関の駅、空港、公共施設の病院、老健施設、ホテル、旅館、集会用会館、商業施設のスーパー、百貨店、他民間施設に最適です。

高齢者社会の社会活動の容易さ実現への必需品。

*設置に伴う国土交通省補助金制度あり。

*簡略仕様(車椅子乗入れ装置)(バリヤーフリー対応)

(基本機器概要)幅1,250mm 奥行1,850mm 高さ550mm 自重65kg。床埋め込み、及び可搬式等設置場所により機器基準に基づく特注機器(都市型、郊外型、屋内外型)も承ります。

主要構造部:防錆処理特殊鋼材及ステンレス鋼

床材:ケミカル鋼板及ステンレス鋼板(滑り止め付)

駆動部:小型高速特殊モーター(制御システム付)

使用公称電力:100~110V商用通常電源(海外100〜220V)他

機器床搭載荷重300kg(日本国国交省基準) 許容制限搭載荷重350kg

駆動時間:昇降7〜8sec,下降7〜8sec(ともに基準値)

生産方式:受注生産(納期/当初5ヶ月,量産時3ヶ月予定)

操作方式:リモートコントロール方式、安全の為利用者以外1名必要

専門取扱介護要員の新規雇用創出。(基本的には介助機器一台につき1名)

機器種別は、同一駆動機構を有する小型、中型、大型(都市部及び寒冷地仕様)


< 現状 >(2009/9)
特許登録(平成19年7月6日)(特許登録済)
技術的仔細設計完了。
実機製作は今夏より機器試作開始
大手電鉄会社2社、及び商業施設運営企業から受注開始。
機器関連設置に伴う「新規介護要員雇用」創出可能。

< 量産準備 >(2009/9)
特許通常使用許諾権契約による量産企業募集開始
契約後、設計、組立製作関連図書配布予定

Copyright (c) 2005-2011 株式会社ディ・イ・エフ, All rights reserved.