国、地方自治体、事業者の責務『交通バリアフリー』『ハートフルビルバリアフリー』化の『移動の自由』を助ける、
介助機器(シューレーター、ホスター)は株式会社ディ・イ・エフの特許機器です。

電車等の車椅子乗降補助装置は株式会社ディ・イ・エフのシューレーター
TOPページ 会社案内 企業コンプライアンス 企業理念 ユニバーサルデザインとは シューレーター機器説明 シューレーター機器説明 ホスター機器説明 ホスター機器説明 自発光装置(NightFlash) 自発光装置(NightFlash)製品カタログ 自発光装置(NightFlash)設置・導入例 自発光装置(NightFlash)展示会の模様 自発光装置(NightFlash)様々な耐久試験 自発光装置(NightFlash)メディアによる紹介 携帯電話用補助バッテリー商品 携帯電話用補助バッテリー商品 携帯電話用補助バッテリー商品 人工ゼオライト 同関連商品 事業計画 お問合せ 私募債及び社債募集 リンク集

ユニバーサルバリアフリーデザイン政策大綱  (国土交通省資料より引用)

電車等の車椅子乗降補助装置は株式会社ディ・イ・エフのシューレーター
@ ユニバーサルデザイン
2007年『国連人権平等』批准及び平成18年『高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律』(平成十八年六月二十一日法律第九十一号)国内法制定で、「何時でも、何処でも、誰でも」「移動の自由」が国際的に保障され、障害の有無、年齢、性別、人種等にかかわらず多様な人々が利用しやすいよう都市や生活環境をデザインする考え方

A バリアフリー
高齢者・障害者等が社会生活をしていく上で障壁(バリア)となるものを除去(フリー)すること。物理的、社会的、制度的、心理的な障壁、情報面での障壁などすべての障壁を除去するという考え方が世界共通になった。

B 自律移動支援プロジェクト
革新的なユビキタス・ネットワーク技術の活用により、「いつでも、どこでも、だれでも」が必要な情報をリアルタイムで提供する「場所情報システム」を活用することで、「移動経路」、「交通手段」、「目的地」等の情報を音声、文字、多言語等を用いて利用者に提供し、高齢者・障害者等が行きたい場所へ自由に移動することを可能とするシステムの構築を目指すプロジェクトが、全世界で展開される。

バリアフリー化の現状と目標
平均利用者数5,000人/日以上の旅客施設(例:鉄軌道駅、バスターミナル等)
段差の解消の現状(H15)44%、社会資本整備重点計画における目標(H19)7割強
視覚障害者誘導用ブロックの現状(H15)74%、社会資本整備重点計画における目標(H19)8割強、(隙間・段差解消)は殆ど未達成。

(隙間・段差解消機器)は『少子高齢化』社会での(省力化機器)として、平成20年度国土交通省(バリアフリーガイドライン)に新たに認知された。

平均利用者数5,000人/日以上の旅客施設周辺等の主な道路
段差の改善、幅員の確保、視覚障害者用ブロックの設置等の現状(H15)25%、社会資本整備重点計画における目標(H19)約5割
不特定多数の者等が利用する一定の建築物(例:病院、劇場、ホテル等)
手すり、広い廊下の確保等 3割 約4割
住宅手すり、広い廊下の確保等の現状
(H15)約3%、社会資本整備重点計画における目標(H19)約1割
だれもが安全で円滑に利用できる公共交通
だれもが自由かつ安全に移動できる環境づくりに向け、公共交通が果たす役割は大きいが、公共交通機関の乗継ぎを含めた移動全体を円滑かつ利便性の高いものとする「シームレス化*6」の実現が十分図られていないなどの課題がある。 このため、だれもが公共交通機関を円滑に利用できるよう、公共交通のさらなる改善に向けた取組みが求められている。 シームレス化・・・「継ぎ目のない」の意味。公共交通分野におけるシームレス化とは、乗継ぎ等の交通機関間の「継ぎ目」や交通ターミナル内の歩行や乗降に際しての「継ぎ目」をハード・ソフト両面にわたって解消することにより、出発地から目的地までの移動を全体として円滑かつ利便性の高いものとすること。

(1) 交通結節点における利便性向上や乗継円滑化
 人々が円滑に利用できる公共交通の実現を図るため、駅などの交通結節点における利便性向上や乗継円滑化が求められているが、交通結節点は事業者や結節点の整備・管理主体などの様々な主体が関係し、また、 そもそも事業者相互間では競争関係にあるなどの事情から、協調が十分でなく、改善に向けた取組みがなかなか進まない場合がある。このため、これら多様な関係者の協働による横断的な取組みを促す必要がある。

(2) 交通事業者と地域住民等との協働の促進
 公共交通の利便性の向上について、地域住民等が自らのこととして主体的に考え、交通事業者との協働による取組みを積極的に図る動きが現れてきている。このような地域住民等の主体的な参画は、住民自らの公共交通の利用を促す ことにもつながることから、交通事業者と地域住民等との協働による取組みをさらに促進する必要がある。

(3) 公共交通に関する情報提供の必要性
 公共交通の全体水準の向上を図るため、行政においては、モデル的な取組みに関する幅広い情報提供を推進する必要がある。また、交通事業者の提供する公共交通サービスが利用者の視点を踏まえているかどうかを客観的に評価する仕組みや、ITの活用を含めた情報提供の改善・充実が求められている。

(4) 総合的な取組みの推進
 公共交通の利用円滑化の推進に当たっては、地域における多様な関係者の協働の下、公共施設の整備、交通規制、中心市街地の活性化、まちづくり等関連する事業等と連携して、総合的な取組みを進めることが

☆ だれもが安全で円滑に利用できる「交通バリアフリー」と「ハートビルバリアフリー」化。
 だれもが自由かつ安全に移動できる環境づくりに向け、交通機関、建造物が果たす役割は大きいが、公共交通機関の乗継ぎ及び建造物内外部を含めた移動全体を円滑かつ利便性の高いものとする「シームレス化*6」の実現が十分図られていないなどの課題がある。 このため、だれもが交通機関及び建造物内外部で『車椅子等』が円滑に利用できるよう、さらなる改善に向けた取組みが求められている。

6:シームレス化・・・「継ぎ目のない」の意味。交通分野,及びハートビル内外におけるシームレス化は、歩行や乗降に際しての「継ぎ目」をハード・ソフト両面にわたって解消することにより、出発地から目的地までの移動を全体として円滑かつ利便性の高いものとすること。

(1) 交通結節点と建造物内外における利便性向上や移動円滑化
 人々が円滑に利用できる公共交通の実現を図るため、駅などの交通結節点における利便性向上や乗継円滑化が求められている。交通結節点及びハートビル内外部は国、地方自治体、各種事業者の責務が法律制定でより明確化され、三位一体で速やかに行われる事になった。

(2) 交通事業者、建造物所有者と地域住民等との協働の促進
 交通事業、建造物事業の利便性の向上について、地域住民等が自らのこととして主体的に考え、交通事業者とハートビル事業者の協働による取組みを積極的に図る動きが望まれている。このような地域住民等の主体的な参画は、住民自らの交通、建造物の利用を促す ことにもつながることから、交通事業者及び建造物所有者と地域住民等との協働による取組みをさらに促進する必要がある。

(3) 交通、建造物に関する情報提供の必要性
 交通、建造物の全体水準の向上を図るため、行政においては、モデル的な取組みに関する幅広い情報提供を推進する必要がある。また、交通、ビル事業者の提供する交通バリアフリー及びハートビルバリアフリーのサービスが移動の自由を望む利用者の視点を踏まえているかどうかを客観的に評価する仕組みや、ITの活用を含めた情報提供の改善・充実が求められている。

(4) 総合的な取組みの推進
 交通及び建造物の利用円滑化の推進に当たっては、地域における多様な関係者の協働の下、公共施設の整備、交通規制、中心市街地の活性化、まちづくり等関連する事業等と連携して、総合的な取組みを進めることが必要である。

(5)専門介助要員新創出。(シューレーターとホスター)専門介助要員の新規養成雇用が図れる。

Copyright (c) 2005-2011 株式会社ディ・イ・エフ, All rights reserved.